NEWS

2022年度第1回FD・SD講演会 開催報告

教育開発支援センター講師・特別支援教育士の山田 章先生をお招きし、「発達に凹凸のある学生の理解と支援-発達についての理解と学生支援-」と題し、2022年度第1回FD・SD講演会を開催しました〔2022年7月26日(火)〕。
「全ての国民が、障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を実現」することをめざし、「障害者差別解消法」が2016年4月より施行され、また、2021年6月に「改正障害者差別解消法」が公布されました。それにより、すべての大学等において、不当な差別的取扱いの禁止及び合理的配慮の不提供の禁止が法的義務とされることになりました。
山田先生からは、こうした法改正により、大学の教職員が学ぶ必要のある3つのこと(発達に凹凸のある学生とはどんな学生なのか、その学生を観察で発見するにはどうすればよいか、教職員ができる具体的支援とは何か)についてお話しいただきました。見たこと、聞いたことをまとめることが苦手な学生や集中力や思考の柔軟性が弱い学生の特徴を学び、適切な学生支援の具体例について、分かりやすく解説していただきました。参加者は「一人ひとりの個性と能力を伸ばす学修環境」のあり方について、多くの示唆を得る講演会となりました。
今回のFD・SD講演会は「教職員の養成に係る教育の質向上に係る取組」をも兼ね、学生課に加え、教務事務室教務課とも共催しました。

山田 章先生
山田 章先生
講演スライドより
講演スライドより
講演スライドより
講演スライドより
Page Top